« ハワイに銀行口座を持つ | Main | ハワイで英語は必要ない?! »

円換算レート、どのカードが有利か?!

8月末にハワイで利用したクレジットカードの請求が来たので、久々に更新。
ちなみに、昨晩飲んだメンバーは、半分が現金払い派。このブログを読んでくれているんだけど、なぜそんなにマイルが貯まるのか、ずるいと言っていたが、そんなこと言われても困ります。。。こちらは、何しろ$5でもカードだし、日本のスーパーだってカード払い、と徹底しているのに、彼らは「にこにこ」現金払い主義を豪語しているのだから、仕方ない話。しかし、なぜ現金は「にこにこ」なんだろう・・・カードは「こわごわ?」

今年は、アメックスが海外利用分のポイントを倍にするキャンペーンをやっていたので、僕はアメックスに集中。妻はJAL/JCB。少し不透明なクレジットカードの円換算レートを、この二枚の実際の請求額で比較してみよう。

両カードとも公表では、センターで利用データが処理された日の独自のレートを利用となっている。アメリカでは電子化が進んでいるので、即日処理されていると考えていい。
で、JCBは、明細書上に請求ごと、日付ごとの換算レートを明記してくれているから、とてもわかり易い。
アメックスは、換算レートが出ているものの、同じ日なのにレートが違う。
そう、アメックスは請求ごとに換算レートが微妙に変化する仕組みのようだ。
昔、カードの本で読んだ記憶では、
アメックスは、利用額×TTM×1%=日本円  
JCBは、利用額×(独自レート・・・TTM+1円?)=日本円 となっていたはず。

では、実際にアメックスの請求をベースにして、どちらのカードを利用した方がお得か検証してみる。

8月25日 $333.33(LVの財布)
アメックスからの請求額は、37413円
同じ日のJCBレートで計算すると、JCBで支払っていたら、37267円

8月27日 $11.67(スタバだ(笑)
アメックスからの請求額は、1313円
同じ日のJCBレートで計算すると、JCBで買っていたら、1304円

ただ、これはあくまでも処理された日だから、アメックスがアメリカで処理しているタイミングとJCBが日本で処理するタイミングにずれが生じるので、一概に言い切ることはできない。
ただ・・・今回の明細書を見比べると、全てJCBが安い。アメックスのポイント倍キャンペーンがなければ、JCBを使う方が明らかに有利だった。
まぁ、総額からみれば、たいした金額の差はないし、このキャンペーンのおかげで、すでにハワイ二名分の特典航空券がもらえるポイント数を獲得したので文句を言うつもりもない。しかも、この二種類のカードは、VとかMよりも良心的であることは、過去に実体験で実証済みであることも、付け加えておこう。

|

« ハワイに銀行口座を持つ | Main | ハワイで英語は必要ない?! »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

2004ハワイ日記(HGVC)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21920/1545616

Listed below are links to weblogs that reference 円換算レート、どのカードが有利か?!:

« ハワイに銀行口座を持つ | Main | ハワイで英語は必要ない?! »