« 東京マラソン2012まであと2ヵ月 | Main | 駅伝は国技・・・箱根駅伝の雑感 »

足柄峠走

昨年の湘南国際マラソンの前から取り入れた、足柄峠の峠走。
非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分!」で岩本能史さんが紹介している、フルマラソンで繰り返し使われる着地筋を鍛える練習方法。

JR御殿場線の「山北」駅前の「さくらの湯」をスタート地点にして、足柄峠を登り、足柄万葉公園、足柄城址を目指す、往復26キロ、高低差700mのコース。
2度目の足柄峠のデータはこちら
岩本氏によれば、登りよりも13キロの下りで脚が作られるとのことだが、気持ち的には登りの攻略に力が入ってしまう。

その登りは、3段階できつくなってくる。5キロまでは徐々に高度があがる感じで、平坦な部分もある。その後の5キロは、グイグイ登るイメージで脚も呼吸もきつくなってくる。そして、「相の川橋」というバス停の先の第3段階は、まさにつづら折りの峠。13%~15%の坂が続き・・・かなり強い心がないと、萎える・・・という自分も「重要なのは下り」と切り替えて、歩きも入れながら登る。

万葉公園にはバス停と展望台があり、樹の蔭から富士山が望める。
その先の足柄峠、神社があるところに、トイレと自動販売機がある。
で、その先に歩みを進めると、足柄城址公園への階段があり、そこを登ると眼前に拡がる盆地と雄大な富士山。あまり人がいないので、富士山を独り占め!Photo

帰りは下り坂のみ。つづら折りはスピードをコントロールしながら、コーナーの外側を道路を跨ぎながら走る。もちろんクルマが来る可能性もあるので、耳を澄ましながら走らなくてはならないが、登りに比べれば身体は楽なので問題ない。

つづら折りが終わったところで一旦スピードが落ちるが、ここは踏ん張ってキープ。その後も平坦な道はきつく感じるほど・・・

行きは1時間20分~30分、下りは50分~60分で走れればいい。
休憩は、スタートから5キロの矢倉沢というところにある公民館(トイレと自販機)と山頂付近。自販機はところどころにあるが、いずれもSuicaは使えないので、小銭は必要。
終わったら、さくらの湯でゆっくり脚を休ませましょう。

ちなみに、土曜日の午前中~昼はランナーが多いようです。日曜日はその半分くらいかな。食べ物はさくらの湯で食べることもできるが期待はしない方がいい。ビールは、山北駅のKIOSKまで我慢・・・
僕は松田(新松田)の乗り換え時にコンビニで買うか、そばを食べました。

これを湘南国際の前に2度走って、前腿の筋力アップとふくらはぎの耐久力が付いて、フルマラソンを止まることなく走りきれたので、東京マラソン前にも当然組み込み。
まずは12月29日決行。ただ、さくらの湯が町営のため12月28日~1月5日までお休み。建物も、駐車場も入れません(^^;
仕方ないので、クルマで向かって、洒水の滝の駐車場にクルマを止めてスタート。ラン後は、秦野まで走ってスーパー銭湯「湯花楽」へ。
帰りは渋滞に合うし、一日仕事になってしまった・・・やはり小田急&御殿場線で、帰りはロマンスカーがベストですね。

|

« 東京マラソン2012まであと2ヵ月 | Main | 駅伝は国技・・・箱根駅伝の雑感 »

Road to 東京マラソン」カテゴリの記事

Comments

What's up to every one, the contents existing at this web page are in fact remarkable for people knowledge, well, keep up the good work fellows.

Posted by: tiger and bunny characters | June 02, 2014 at 08:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21920/53642308

Listed below are links to weblogs that reference 足柄峠走:

« 東京マラソン2012まであと2ヵ月 | Main | 駅伝は国技・・・箱根駅伝の雑感 »