ハレ・ベトナム

ホノルル到着の晩に訪れたのは、ハレ・ベトナム。
名前の通り、ハワイでも有名なベトナム料理屋です。
レンタカーがないとちょっと不便な場所ですね・・・駐車場は、裏側に大きいのがありますので、安心です。2時間近くでも$1.5だったし。

さて、到着したのは18時30分頃。時折雨が降る天気だったので、家族だけを店の前で降ろし、僕だけ駐車場に。これがラッキーでした。
妻曰く、その後、ドドドッとお客さん(ほとんど日本人)が集まってきたようです。
確かに僕が濡れながらお店にはいると、うちの家族以外に立っている人が6名。待合室もない店なので、食べてる人の横に立っている状態。Waiting Listには、うちの後にいくつもの名前が。さすがに見かねた店員が、外で待ってくれと言うのだが、外は雨・・・
それでも、待つこと15分、ようやく席に着きました。予約が必要ですね、この店は。

さて、料理は生春巻きとフォーが美味しいです。
ただ、野菜たっぷりなのでメニューを見る限り、いろいろ頼みたくなるのですが、ここは冷静に。
量は多いし、一旦お腹が膨らむものが多いのです。
フォーを2つ入れても、5か6品くらいで充分でした。
隣の家族は、頼みすぎたようで、生春巻きに揚げ春巻き、サラダに、フォーに、BBQに・・・高校生くらいの男の子が苦しんでいました。
数年前、僕も勢い余って頼みすぎ、妻に怒られた経験があるので、今回はちょうど良い量できれいにお皿を平らげ、デザートまでいただきました。

と、けっこうヘルシーな食事の多いハワイ滞在です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パイナ・カフェでヘルシーランチ

ハワイにいるとどうしても肉が多くなり、炭水化物としてイモを多めに摂取して、体重と健康状態が気になってきます。今回は、ランニングシューズを持参し、なんどかランニングを行ったりしたけど、体重計が恐いのは変わらず・・・

ただ、食材全体がカロリーオフになっていたり、Low Fatが増えているので、多少は良くなってるのかな。
でも、さすがに美味しくてさっぱりした健康的なランチ・プレートを食べたくなります。

そこで、今回初挑戦はワードウェアのパイナ・カフェ。Hawaii2009_072

ポキ・ボウル(日本的に言うとマグロの漬け丼?!)が看板メニューで、ライスの種類(ホワイトかブラウン)、ポキの種類、トッピング(たくわんなど)を選べます。プレートもライスから選んで、メイン、サラダのドレッシングなども選んで、自分なりのプレートをオーダーします。
ボリューム的にはほど良い感じで、でもポキも新鮮だし、豆腐とアヒを混ぜて団子にしたものなど、健康的で美味しい。Hawaii2009_073_3

ノースのグラス・スカート・グリルと並んで、お勧めのランチ・プレートです。

パイナ・カフェ http://www.painacafe.com/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ワイオラ・シェイブアイス(Waiola Shave Ice)

今年も2回行きました、ワイオラ・シェイブアイス。Hawaii2009_155_2
Hawaii2009_074_2 家族は2回とも抹茶ボウルを楽しんでいたけど、僕はショコラ・ボウルとカスタード・ボウルをいただきました。

あの大量にかける薄い練乳が美味しさを引き出すのか、レインボーのシェイブアイスに練乳をかけている人がかなりいました。

Hawaii2009_154 ちなみに土曜日は、大行列。駐車場も一杯だし、続々人がやってきます。でも、ノースのマツモトシェイブアイスよりは、全然まし。今回午前中にマツモトの前を通ったときは、何事かとおもうくらい日本人で溢れていたので、それに比べれば、日本人率も10%くらいで地元感いっぱい。

ただ、あるフリーペーパーを見ていたら、良からぬツアーが出来ていることを発見。朝一にエッグスンシングでパンケーキを食べて、ワイキキ周辺の観光をして、ワイオラ・シェイブアイスへ立ち寄って、解散と…これで$60か70だというのだから、驚きとなにやら観光地化の恐怖感。

まぁ救いは、わかりにくい場所にあるってことと、観光バスが止まる場所がないことかな。

Hawaii2009_075_2 ショコラ・ボウルは、ハーシーズのチョコシロップと練乳。カスタード・ボウルは、手作りプリンが、大きな氷の山に隠れてます。カラメルと練乳の味に、プリンを絡めながら食べます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10km走と原茂ワイナリー

10km走は無事完走。
55分で走れたのは予定より早かったけど、最後、慎重になりすぎて競技場直前までスパートできなかったのは、次回の課題かな。でも、思ったより、楽しんで走れたので良かった。号砲から、スタート地点を通過するまでに1分かかるし、国立競技場を出たところで、走る列が詰まって止まってしまったのはビックリ。10kmなのに、人、多すぎです。Sn390106 走り方も千差万別。綺麗な走り方をしている人はペースもキープできて、見ていて気持ちよい。自分は。。。まだまだなのでしょうが、肩胛骨が疲れてるような張りを感じているのは良いのかな。

で、夜は祝杯というか、ワインをいただきました。
そう、原茂ワイン。
先日、山梨に行って、ワイナリーまで訪れた原茂ワイン。
オフシーズンでワインを買うことしかできなかったけど、そのレトロな雰囲気は趣があって好きだなぁ・・・昔からある木造のアンティークな建物に、お父さんと娘さんが自分の好きなワインを作ってる感じ・・・客に媚びない態度も良い感じ(笑)

ということで、疲れた身体に赤ワインをグビグビ入れて、気持ちよく眠りにつきました。
次は、いつ、どこで走ろうか、なんて考えながら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IZAKAYA VIN

渋谷で大人(オヤジ)が落ち着いて、しっかりしたワインを飲める店は数えるほど。
その1店が、このIZAKAYA VIN。
井の頭線渋谷駅の下、ちょっと脇という場所にあり、周りは焼鳥屋の煙がもくもく立ち込めている。。。
1階はカウンター、2階、3階はテーブル席で、急な階段を一生懸命上がります。
料理は比較的多彩な1品料理。
イタリアンを中心としたメニューで、味も外さず、まさにIZAKAYAの乗り。

ワインは、グラスワインを比較的豊富に揃えているので、その中から選ぶも良し、ボトルも適正価格なので、店員に相談して1本いただくのも良し。
グランヴァンもあるし、オススメの掘り出し物もあるようなので、ワイン選びに精が出ます。

唯一の難点は分煙もされていない店内・・・そもそも狭いので、ちょっと気になるな・・・
まぁ、場所の利便性を考えれば、それも仕方ないと諦めて気軽に足を運べるお店です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボジョレーヌーボー2008

今年は明後日20日が解禁日・・・といっても、毎年20日になった瞬間(19日深夜)にいただいているボジョレーヌーボー。
美味しいとは一度も思ったことがないけど、イベントだからね。。。一杯だけいただきます。
あとは、同時期に出されるマコンビラージュとか、まぁ、普通にボルドーのワインを開けます。

今年はその祭りも冷めてきたようですが、この景気に冷え込みからしても家で飲む方が多いのでしょう。
レアもののボジョレーヌーボーは、すでにお店やマニアがおさえていますので、
ちょっとだけいただくなら、コンビニで十分ではないかと思ってます。
今年の傾向予測はここに出ているので、興味がある方や何を買おうか悩んでいる方はぜひ。
「大手コンビニにおける昨年度のボジョレーの味マップと今年の傾向を予想!」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鮨 小野

恵比寿にある「鮨 小野」に行きました。
少し隠れた場所にあり、人間ナビを自称する小生も通りすぎてしまいました・・・

カウンターの雰囲気、距離が良い感じ。個室もあり、一寸入ったけど、やはりカウンターでしょう。
お寿司はお任せ(12K)でお願いしましたが、とても丁寧なお仕事。
その手際や包丁さばきに見入っています。
これで美味しくないはずはなく、笑顔がこぼれる自分がいましたです。
穴子の骨せんべいは酒のつまみにぴったりだったし、車エビ、大トロと王道メニューも外しません。
飲み物はいろいろあるけど、白ワインボトルでいただきました。
全般的にお酒はリーズナブルな価格設定。

ということで、二人で総額4万というのは、CP悪くないと思う。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ラ・マティエール

神楽坂の坂の上、一軒家のレストランが多くある地域にこの店はあります。
古い家屋を改造したと思われる造りの黒い扉を開けると、とても明るい店内。入り口脇のテーブルに並べられたワインとグラスを眺めながら、きちんとした応対で席に案内される。
20席ほどのキャパ、白壁で明るい店内、スマートな応対、そしてとてもリーズナブルに思えるプリフィックス・メニューに期待感は膨らむ。
前菜と主菜の一品ずつのコースは、4500円。前菜と肉、魚の3皿を楽しむコースは6000円。
野菜が豊富で、肉がジューシーでそしてボリュームがあって・・・久々にうれしくなる幸せになれる料理に出会いました。
ここの池田シェフはすごいという噂でしたが、ほんとに実力派です。しかもイケメン。
予約が1ヶ月先にしか入らない理由がわかります。

後日ランチにもお邪魔しましたが、ディナー同様に完璧なサービスとお料理。
前菜と主菜で2500円。デザートとコーヒーも付いてます。
当然ランチも混んでいますので、予約をした方がいいでしょう。
ただ・・・ランチは、ちょっと注意事項。大音量のおばの大群が発生していました。
どうしてあの人たちは、人の話を遮って自分の話だけしたがるのだろう。。。と冷静に観察してしまいました(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

清山

渋谷の奥、渋谷スタジオを過ぎた裏道にある蕎麦屋。
蕎麦懐石もあるし、外観、雰囲気から、少し隠れ家的大人が集まる蕎麦屋だ。
1階は簡素なテーブルだが、地下に降りていくと、コの字型をした重厚なカウンター席と小上がりが配置されている。

前菜から始まり、旬の食材を配した料理がふんだんに楽しめる。
また蕎麦屋定番のそばがきやだし巻きなどは美味。
当然締めは蕎麦。田舎蕎麦とせいろの二種類を楽しみ、水あずきへの流れはなかなかおつなもの。
お酒は日本酒と焼酎中心。
蕎麦屋は、蕎麦焼酎のそば湯割りと決めつけているので、あまりメニューは眺めていないが、種類は豊富のようだ。

地下はどうしても声が反響するし喫煙可なので好みは分かれるか。
1階は禁煙で落ち着いているが、地下への通り道になっているので、出入りする客が気になる・・・地下は携帯電波弱し。

渋谷に存在する数少ない大人のお店。使い勝手は悪くありません。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

青山ワインホール

表参道駅から数分、青山通りを少し入ったところにある少し大人のワイン居酒屋。
出されるメニューにはグラスワインとして提供できるものだけが書いてあるが、
それ以外はお店の壁面にずらっと並んだワインの数々から選べる。
国別に並んで、ワインごとに値札がついているので、ワインショップのよう。
グラスを軽く頂いて、さぁワインリストをというタイミングで、すっと席を立ち、壁に並んでいるワインを物色。気に入ったワインをお店のスタッフに言うと、抜栓してテイスティングをしてくれていただくこととなる。
ワインお値段はお手軽価格。カリフォルニア、イタリア系が多いかな。

料理はイタリアン系のおつまみが充実。
でも、オープンキッチンできちんと料理してくれるので安心して食せる。

スタッフも明るく、気軽にワインを楽しめるお店。しかも表参道という場所がうれしい。

ただ、壁に並んだワインをお客が自分の手にとってグルグル・・・いやいやワインという性質上それは御法度だと思うが、あの店の作りではある程度仕方ないか。
まぁ、グランヴァンがあるわけではないし、雰囲気的にも許容でしょう。
1人5000円~7000円くらいが予算かな。

 


| | Comments (6) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧