ハワイ島6日目(移動日)

オアフ島への移動日。
比較的値段の安い午後のフライトを予約していたので、
部屋をチェックアウトして、荷物を一旦預けるために空港に向かいチェックイン。
そこからフライトまで4時間あったので、カイルア・コナの街に。

今回の旅で初めて街に出た・・・
といっても、カイルア・コナなので、小さな店巡り。
まずはファーマーズ・マーケット、その周辺をぶらぶら。
カジュアルなバッグや果物、工芸品などの土産を買い、食事へ。
「コナ・イン・レストラン」でランチ。
海を目の前にしたカジュアルなレストラン、元はコナ・インというホテルのレストランだったようで、そのままの雰囲気、名前など名残がある、気持ちの良いレストラン。
食事内容的にはアメリカン、でも量は少なめ・・・

フライトは帰りもGO!エアライン。
機材はフライト時間20分前にホノルルから到着。それで定刻出発するのはなかなか手際が良い。
GO!に乗る際は、ゴミを出さないよう、ジュースをこぼさないようにしたいものです・・・フライトを遅れさせないために(笑)

ところで、機内に入るときと出るとき、荷物の移動が目に入るんだけど。。。
うちの荷物が見つからなかったんです。
ボディボードや赤のスーツケースは、目立つのに・・・

と心配しながら、ホノルル空港のBaggage Claimに着くと、荷物君達は先に到着していたようです。前のフライトに乗ってきたようで、係員の前に積まれていました。
人より先にタクシーを手配できて、ちょっとラッキー?!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイ本 ビッグアイランド

オアフに続いて発刊された「ハワイ本 ビッグアイランド」
文字通り、ハワイ本のハワイ島版。ハワイスタイルと内容がだぶっているかと思いきや、意外と新鮮にページの数々。エイ出版のこの取材班は、ローカルな話をちゃんと拾ってきて面白い。無料バスでのコナからヒロへの旅や南回りと北回りのドライブなど、思わず入り込んでしまう。ボルケーノの話題も面白かった。
これを読んでしまったからには、HGVCのあるコナだけでなく、ワイメアやヒロに絶対足を運びたい。
と、今年の夏の計画を見直す。幸いコナ~ホノルルの便は抑えていないので、今からならなんとでもなる。ハワイ島の日程を多くして・・・と考えていたら、妻がオアフのハワイ本を読んでいて「やっぱりこの朝市(土曜日@カピオラニ公園)に行きたい!」
やっぱり春にも行くかな?!それともGW?いや・・・ハワイは逃げないから・・・


| | Comments (3) | TrackBack (0)

ハワイ本―極楽オアフ (2005 2006)

ハワイスタイルを出しているエイ出版から出版されたハワイ本―極楽オアフ (2005 2006)は、今までになく面白い。リピータで観光目当てでないハワイ好きにはもってこいで、長期滞在でハワイでの生活を楽しみたい人用のムックに仕上がっている。スーパーの一覧があったり、そこで買える食材やオリジナルTシャツが写真付きでカタログのように掲載されていたり・・・買い物の仕方やちょっと違ったオアフの楽しみ方を魅せてくれている。

「今度行ったときはこれ買うぞ」「ここ行ってみたい」などと家族の中でも会話がはずみ「次はいつ行くんだっけ?」「春休みにでも行けないかなぁ・・・」なんて、真剣にHGVCのHPを開けて、空き状況とスケジュールとにらめっこ。
でも、一緒に買った「ハワイ本 ビッグアイランド」を開いたら、夏に計画しているビックアイランドへの期待も膨らんでしまって、いつものとおり収集つかず。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ハワイスタイル-No.3

読みました、「ハワイスタイル-No.3
今回はアロハシャツの特集から始まって、ハワイアン料理やコンドミニアムでの過ごし方など。それに、実際にハワイで夢をつかんだ方の話がふんだんに出ています。妻とじっくり読み込んでしまいました。個人的にはハワイ・サラダのページが好きでしたね。
それに、この雑誌はまともな記事の部分もいいのですが、全般に写真がきれいで、見ていて眺めていてワクワクします。行きたくなりますね・・・マウイやビッグアイランドなども魅せられると・・・1年後ではなく、早めに。
そうそう、この号を読んでいたらここに書いていない案件を思いだしました。それは、次回から。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ハワイスタイル-No.1、2

最近気に入って眺めているのが、エイムックの「ハワイスタイル―ハワイ流の暮らし方をしてみよう (2005vol.1)」。
4777902234
この号はハワイでのロングステイや移住をテーマに作られている。ロングステイ編ではテイクアウトできるレストラン情報や美味しいパン屋など、HGVC生活にはもってこいの情報もあるし、けっこう知らない話もあったりで満足。移住編もノウハウがまとめられていて、また移住している方のインタビューを読んでいて、我が家でも子供はハワイ大学だ!みたいな(笑)

次に出た「ハワイスタイル―ロングステイに役立つ極楽ハワイ生活マガジン (2005No.2)」のテーマはラナイの過ごし方。HGVCのラナイよりもスケールの大きな話が展開されていて、けっこう羨ましくページが続く。ウクレレの話も詳しくけっこう参考になって、またまたウクレレ気分に。これに加えてローカルのクチコミ系なネタが豊富で、早くハワイに行きたい!と気持ちをかき立ててくれるいい本。巻末についているコンドミニアムや一軒家の物件情報は、ため息を誘ってくれます。いいや、HGVCで、と言い聞かせて毎回本を閉じてます(笑)

今月10日には、「ハワイスタイル」の3号が出たみたいなので、現在取り寄せ中。しばらくはまりそう!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ベスト・オブ・ハワイ 2005

ベスト・オブ・ハワイ 2005は、他の雑誌やガイドブックにないような情報が多く載っていて、リピーターにはとっても面白い。4777902978
ひとつの売りになっているクチコミ情報の調査は、意外とページ数が少なく、ほんとに取材したのか?と怪しさを感じたが、あんまり広めて欲しくない話も多いので、この程度でいいんでしょ。
Tシャツ、アロハ、サーフィン系、ウクレレなどの情報も充実。お店もローカルな店やドライブイン系など、CREAとは全く違った路線でいい感じ。でも、あの店紹介しちゃったの!?と思ったり・・・複雑。いずれにしろ、気取った観光買い物旅行でなく、現地にふれあうカジュアルなハワイアン・タイムを過ごすのであれば、このムックは必見かも。
一方、地図もないし、車が必須の情報が多いから、リピーター以外の方には不親切でしょうね。もっとも、このムックだけで、オアフを訪れる人はいないという前提でしょうけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CREA (クレア) 07月号-秘密のハワイ

B0009RT4HY
準備はまだまだ時間がかかるが、その前に情報収集。
まずはCREA (クレア) 07月号を購入。リピーターである有名人の方々のお薦めレストランが満載。家族で入れる店は少ないものの、写真に惹かれ気味。これは家族とではなく行きたい!と思う店などいくつか発見。何人ものリピーターがお薦めしている店は、まぁ、有名なところが多いですね。
レストラン以外は、僕たちには関係のないホテルの情報が目に付いたな・・・クチコミ情報的なところもあり、フムフムと思ってるうちに、沖縄?!あらら、相変わらずこういう雑誌は中途半端に企画が終わります。
少しは参考になったし値段が安いので、買い、ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供とHawaii再デビュー・・・Mart

B00080MTN8.09.MZZZZZZZMart (マート) 5月号の「子供とHawaii再デビュー」という特集を読みました。ハワイでの楽しみは、スーパーマーケットなどでの雑貨探し、と思ってる人には、新たな発見があるかも。ブランド品買い漁りの人も、お土産に絶好の品々が紹介されているので、いい特集。台所周りの生活用品から、ハワイアンキルトなど、しっかりラインナップされてます。ただ、ハワイの状況を考えると、ここに紹介されている商品が必ずある、という保証は全くないし、いつ入荷されるかも確認できないでしょうね。でも、探す楽しみと新たないいものに出会う可能性があるのが、ハワイのスーパー巡りの楽しさだと思うので、良しとしましょう。
そして、ABC以外のいろいろなスーパーを巡るのであれば、レンタカーは必需品です。雑貨はかさばるし、ショッピングバックがめっちゃ薄いビニール系のものなので、重い商品をもって他の店を回ったりするのは、つらいかも。

ちなみに、この雑誌に出てくる「独身系」という言葉。ちょっと気に入ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Book Donation

ラグーンタワーの2階には、本棚が置いてありソファもある。
気に入った本があれば、そこで読んでも良いし、部屋に持って行って読んでも良い。
これらは、滞在者が置いていったものもあるだろう。
確かにある程度の期間滞在するわけだから、みな、本の1冊や2冊が必ず手荷物にあり、静かな夜の時間やラナイで読書の時間を過ごす。自然と読むペースも速く、そして滞在中に読み終えてしまう。

そこで、今回目に止まったのが、フロント横の床に無造作に置いておかれていた「Book Donation」という箱。
おそらくこの箱に寄付された本は2階に寄贈されることでしょう。
読み終わって、家に持ち帰る必要のないものは、帰りのバックにしまわずに、この箱に入れていきましょう。
おみやげ物で増えたバックに本は重いだけだしね。

そして、2階の本棚を充実させませんか。
どんな本がおいてあるのか、ラグーンで何を読むのか。。。ちょっと気になる空間になればいいですね。

もちろん、借りた本はちゃんと返しましょう(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイ情報を得る

年に1回しか行かないが、常に気になるハワイ。
情報収集は1年中行ってる(笑)
以前は、いわゆるムックといわれる雑誌の特集版を毎年買っていたが、最近の情報源はインターネットだ。

よく使うのが、「ハワイの歩き方」
その昔、学生時代の旅行に役立っていた「地球の歩き方」のハワイ限定インターネット版だ。
このシリーズを指して、地球のだまし方!などど言っていたこともあるが・・・よくだまされた。
というか、情報がどんどん新しくなり、本になるときにはすでに掲載されているお店がなかったり、料金が違ったり。
でも、インターネットであれば、そういうこともなく、重宝している。
それから、オアフにある数多くの日本語のフリーペーパー関係のサイトの「アロハストリート」
かなり日本人向けにこなれた雑誌であり、そのWebサイトも人気があるようだ。
ここには、口コミ情報が多数あり、お店の評価や実態がわかり楽しませてもらってる。
もともとオアフには、空港にも街中にもフリーペーパースタンドがあり、
そこには観光関係の情報が満載の雑誌が置いてある。中には日本の最新ニュースを記載した新聞らしきものもあるが、やはり宣伝くさいものが多いので、実態を知りたいという欲求は多いのは事実だ。
そういう欲求をこのサイトは、解決してくれる。
あとは、ヤフーの掲示板。
ここのハワイ関係の欄は結構活発に情報交換が行われているので、意外に役立つ。

そもそも、僕としては、ハワイの道路も土地勘もかなり高くなっているので、
新しい変化だけを期待して情報収集するので、インターネットだけで十分だ。

それにしても、毎年毎年ムックが大量に出版されている・・・売れるって言うことなんだろうけど、
それを読んでどこまでハワイを楽しめるのか、疑問は残る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)