HGVCなカードたち

Cards

HGVCに関係ありそうなカードを並べてみた。
左2枚はHilton HHonors関連。ヒルトングループのホテルに宿泊する際、アップグレードや朝食サービスなどが受けられる。宿泊でポイントも貯まっていき、無料宿泊が可能になる。左上のVISA-GOLDのメンバー(年会費13650円)になると、自動的にHHonorsの資格が、Silver VIPからGold VIP(左下)に格上げされる。
右上はHertzレンタカーのゴールド。これはHGVCオーナーは5000円の入会金が免除される。事前に好みの車種や嗜好を入力して予約をしておけば、空港などのカウンターに鍵が用意されていて待たずにレンタカーを借りることが出来る。
そして、どうしてもデザインがいただけない右下のカード。おなじみのオーナーカード。裏に電話番号があるのだけど、日本の番号がないのでマジックで書いているのは僕だけだろうか・・・

| | Comments (9) | TrackBack (1)

ハワイでワイン

東京にいても飲むならワインなんだけど、ハワイに行ってもやはりワインのコルクを開けている。確かに暑い太陽の下でプールサイドならビールという選択もありだが、夜はやっぱりワイン。

ハワイのスーパーはワイン売り場が充実している。もちろん中心はカリフォルニアワイン。普段はフランスのボルドーに偏っているのであれだけカリフォルニアワインを並べられると、けっこう戸惑う。妻や子供に買い物をさせている間、ワイン棚とにらめっこ。決まらないうちに「まだぁ!?」と娘がやってくる。むむむっ、レストランでワインリストを見てる際、つい笑顔で見入ってしまう感覚と一緒だ・・・ということで、結局のところ、お値段と見合いながら、ロバートモンダヴィかSIMI、コッポラなどの有名どころに落ち着く。専門のワインショップにおいてあるオーパスワンやドミナス、ルビコンなど高級ワインもお手頃なんだけど、HGVCにあるグラスじゃもったいないので、やはり売価$20上限か。

そうそう、カリフォルニアワインの代表格であるオーパスワンは、2002年の出荷で終わりという話。ロバートモンダヴィとムートンの共同経営が終焉したので、次はないと・・・
と聞いたからには、早めに飲まないと!ということで、先日、できたばかりの瑞宝 雅という店でその2002年オーパスワンを空けてきました。(ワインリストにも載ってないけど)
味をとやかく言う知識は持ち合わせていないのですが、とにかく至福。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やっと解消?ハワイ太り

今年のHGVC滞在ではカリアのフィットネスに行けなかったし、文字通り食っちゃ寝の生活。しかもワインとビールにアメリカンな食を好んで食べたりしているので、すっかり太りました。
滞在前と比べて体重が2キロ増。しかも筋肉量も減っていて、体脂肪率は16%後半(泣)。これはまずいということで、帰国後はノルマとして週3~4日のジム通いでスリムになろうと。
で、結果は見事、筋肉量を増加させ、体脂肪率も13.8%!ふぅ~。。。でも、体重が落ちてないし、お腹は出たまま。どこかに水着姿を晒した写真を掲載しちゃいましたが、その写真と比べると、今は筋肉は復活したけど、お腹は・・・同じ(笑)
ということで、もっと効率的にお腹を落として筋肉を増強させるため、個人トレーナーをお願いすることにしました。担当の元気な女性トレーナーにいきなり食生活を突っ込まれドキッ!もちろんワインも・・・やっぱりなぁ、腹筋鍛えるだけじゃお腹は減らないってことか。

いずれにしろ、オアフで買ったディーゼルの新作デニムは、無事お腹を納めてくれたので、一安心。

Apple Store(Japan)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ハワイ島とオアフ島DVD

帰国して1ヶ月。当然ネタも尽きてきたのですが、みなさんから未だ多くのアクセスをいただいており恐縮です。
で、今日は暇ネタというか、はずれネタ。先日virtual trip HAWAII 空撮 OAHU&HAWAII オアフ島・ハワイ島というDVDを借りてみました。
ハワイ恋しやで、疑似体験を期待して借りたのですが・・・
景色は海岸線から始まり、主要スポットや高速道路沿いを空撮しています。映像を見ながら「おー、サンセットビーチ」「あっ、ここでサーフィンした!」「これはH1の入り口だ!」などと普段とは違った視点でハワイを楽しめます。
ただ、音がいけない。波の音でもなく風の音と空撮しているヘリの音。BGMもかすむほど。
だから、我が家では音を消し、ジェイク・シマブクロのアルバムを流しながら観ました。うーん、このDVDはなんで作られたんだろう?!と疑問符一杯です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カハルウ・ビーチ・パーク

Img_3276

ウミガメを見たい、という子供たちのリクエストで、カイルア・コナの南にあるカハルウ・ビーチ・パークへ。ここはガイドブックにも載っているシュノーケリング初心者向けのビーチだ。アリィドライブを直進し、道路沿いにあるビーチで、駐車場は50台くらいのスペース、シュノーケリングレンタルの店や売店も出ている。トイレ、シャワーもある。
砂浜は粗めの砂で、いきなり岩場というか珊瑚が広がる。それゆえ、10Mほど進むとそこには多くの魚たちが所狭しと泳いで、珊瑚を突っついている。

我が家もシュノーケリング用のマスクとフィンを借り、海を怖がる娘を無視して愉しんだ。息子と少し沖、といっても20m〜30mくらい沖をシュノーケリングしていると、目の前をウミガメが横切った!おっ!カメだ!と、その姿を数m追いかける。と、水深の浅い珊瑚の上にいることに気づき、断念。感動と悔しさで一旦顔をあげると、なにやら歓声が。カメはすでに砂浜のところまで泳ぎ着いていて、子供たちが声をあげていたのだ。
ちなみにこの時息子は、浮き輪に頼りながら、海の中を真上から見ていたので、海面すれすれに泳ぐウミガメの泳ぐ姿をとらえることが出来なかったようだ・・・浮き輪なんか、するから。

ということで、一旦海から上がろうと戻ると、そこには2匹のウミガメが人間様に囲まれていた。オアフ島のハナウマ・ベイより小規模もながら、ハナウマより多くの魚が見られ、ウミガメと泳げるこのビーチはあなどれません。

Img_3277

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ハプナビーチ@ハワイ島

ワイコロアから車で北上して15分。白い砂浜のビーチには、駐車場、シャワー、ライフガード完備。でも、ガイドに書いてあった売店は建物はあるものの閉店。駐車場待ちが出るほど混んでいて、しかも週末なのに開いていない。
ということで、駐車場から坂を下りていくと白い砂浜と青い海が広がる。溶岩の島なのにと思っているとやはりここは人工で作られたビーチだと。横にあるハプナ・ビーチ・プリンスホテルの関係?プリンスの力でビーチ作ったのかぁ!まぁ、オリックスの開発するワイコロアに滞在している身としては、堤さんか宮内さんの違いな感じで。

ということで、ここではいろいろありました。
まず、忘れ物は、タオル、ゴザ、飲み物、食べる箸やスプーン。
結局、タオルとゴザは僕が車を飛ばしワイコロアまで戻って取りに行くことに。で、一人のドライブを愉しんでビーチに戻ると飲みものと食べるものがないと!売店がやっていれば解決することだったんだけど・・・結局プリンスホテルへ妻が忍び込み、水だけゲット。お弁当類は手で食べる始末。
海は意外と波があり、亀の乗り物で楽しんでいた娘が波に飲まれ二回転。。。ありゃりゃ、再び海嫌いになってしまった。
で、帰る直前、妻がトイレ近辺で蜂に刺された!けっこう飛んでいました蜂が。で、ライフガードに消毒液をもらって・・・それでもまだ少し痛がっていたところ、近くにいた日本人の女性の方が見かねて消毒用のシートをいただきました。ありがとうございます!おかげさまで、その後痛みも消え問題はなかったようです。

帰り支度でゴザをたたんでいるとき「痛い!」今度は僕の手のひらに木の枝が刺さりました。陣取っていたところに生えている木がまた、ものすごく鋭く尖った枝を持つ木だったんです。その枝にかけていた服には穴が開くし、浮き輪にも立派な穴が・・・
ついでにいうと、ライフガードが最近紫色したクラゲがいるから気をつけろとわざわざ我々に言いに来てくれたのですが、それには遭遇しませんでした。

ということで、我が家にとってはほんとに「ハプな」ビーチでした。ふぅ・・・_054

| | Comments (0) | TrackBack (0)

成田の駐車場ジョーイ

この話題は早めに書かねばと思い続けて半月。夏が終わるまで待っていたわけではないのですが、推奨していたジョーイは、今回はあまりいい評価ではありません。
1.行きは担当を空港で5分ほど待ちました
2.荷物は自分で上げ下げしました(鍛えてるからいいけど、知らん顔でいるおじさんにはちょい、ムッとしたです)
3.帰りの車の中に、お茶もお菓子もありません(担当者によるみたい)
4.HPの掲示板がみえなくなりました(復活してました)
ということで、普通の民間駐車場になってしまいました。残念!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ワイラナ・コーヒー・ハウス

朝食の食べ放題パンケーキで有名なワイラナ・コーヒー・ハウスは、ヒルトン村を出てすぐTODAIの向かいにある。この日は無性にザッツ・アメリカンな店に行きたいというリクエストで、いろいろ考えた末、この店のディナータイムに挑戦。

いやぁ、リーズナブルです。しかもしっかりアメリカンしています、全てが。料理にはほぼ全て比較的充実しているサラダバーがついていて、パンかライスが選べます。ポテトもマッシュかフライドポテトか選べる。で、メインは肉、魚とも充実。今日の取れたての魚のアヒのソテーを選んで$10だったような。子供は飲み物付きで数ドル・・・酔って忘れちゃいました。ちなみに、Draft Beerはなく瓶ビールが出てきます。で、4人でTipも入れて$30!

店員さんは朝と一緒で、とってもアメリカンな昔の美人さん達。なぜか彼女たちが歩くと狭く感じる通路。ここをせわしなく動いてケチャップをテーブルに二つ持ってきてくれたり(笑)、でも、サラダバーの皿はこまめに変えてくれたり・・・いや、ほんと24hいつ行っても良い店です。ただ、日本人が我が家しかいないのは意外。

そうそう、ここはtakeoutも可能。タムラの美味しいポケをつまんで興に入ろうとした別の夜、妻がなにか足りないと言うことで、ここに買い出しに行き、まだ暖かい立派な食事を持って帰ってきました。ゆえに、ポケは酔っぱらいのオヤジと共に隅に追いやられ、オヤジ一人、ワインの友ポケを爪楊枝で刺しながら長時間楽しませてもらいました。
それにはもう一つ理由があった・・・この店、takeoutも注文後に料理を作るので時間がかかります。この日の妻はまさに鬼。ただの買い出しにしては時間がかかるな、ついに鬼が出て行ったか!とワインとポケで祝杯をあげたら、子供にちくられ・・・ちゃんちゃん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サムチョイズBLCの水曜日

我が家がよく訪れるサムチョイズBLC。水曜日だったので予約なしでディナーに飛び込んでみると、いつもと雰囲気が違う。あの店内のボートの上でハワイアンの演奏と子供たちがフラを踊っている。その手前にはブュッフェのテーブルが並ぶ。
そう、水曜日はブュッフェになっていた(HPには何も書いていない)。子供たちは大喜び。大人はどうしようか悩むも、テーブルに並ぶ料理を品定めし、結果ブュッフェに。大人$27くらい、子供その半額だという記憶。
サラダなどの前菜類もシーフードが多く、スープもある。メインには骨付きカルビ・・・BSEの文字が頭をよぎるが、もう遅い(笑)・・・やラウラウ、もちろん蟹。デザートも5種類くらいあって、まぁ、納得。もちろんソフトドリンク付き。意外とプレートも頻繁に取り替えてくれたし、愉しい食事になりました。
豪快にロブスターとかシーフードを食べるつもりなら、アラカルトがお勧め。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ハワイ島ツアー(スターゲイジング)

ハワイ島はツアー利用も視野に入れるべきですね。レンタカーだと、あの一直線道路は睡魔との戦いになり・・・辛いドライブになってしまう。
今回の滞在ではトローリングとスターゲイジングをツアー利用しました。トローリングは先に記したので、そちらを。
スターゲイジングは、マサシのネイチャースクールが主催の「ハワイ島渓谷と星のツアー」に参加。5歳から参加できるオニヅカまで登れるツアーは満席だったので、こちらで妥協。14時頃ピックアップされ、ワイピオ渓谷、アカカの滝を巡り、ヒロで夕食。その後、サドルロードを疾走しながら雲を抜け、海抜2100mの地点にある公園のようなところへ。原っぱに天体望遠鏡を設置してくれ、月や木星を覗く。星座や日本では見えない星などを自然のプラネタリウムさながら、子供にもわかりやすく説明してくれる。高山病の心配もなく、子連れには安心。車は15人くらい乗れるバンで、我が家を含め日本の3家族が参加して満席。

この日は天気が良かったので予定通りの場所で星見学だったけど、運転手兼ガイドのいとうくん(目黒出身だそう)に依れば、天気次第で場所を移動したりして星を見させてくれるそう。もちろん中止の日もあると。サドルロードを自分で運転すると大変そうだし、星を追いかけて夜の道を走り続けるのは大変。ツアーは楽チンと思った一日でした。

ちなみにこの日は満月の一日前。月がとても綺麗だったけど、公園内では月明かりで自分の影が出来るほど。星観測には向いていない日だったかも。月の満ち欠けも計算に入れないといけませんね。

ちょうど星を見終わった頃、イノブタの鳴き声が!そそくさとバンに乗り込み、下山しました。

ということで、今回はアイランドパラダイスさんにお願いして、いろいろなツアーにキャンセル待ちをかけてもらいました。お世話になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)