ザガットサーベイ2010

景気後退、デフレと毎日のようにメディアが煽るものだから、世間的にはものすごい不景気という空気が流れている。メディア自身がかつてない不況に見舞われて、それに社会全体を巻き込もうとしているのか?!

で、さぞ夜の街も空いているのかと思いきや、美味しい店はどこも満員。週末は予約が取れないお店も健在。ザガットサーベイによれば、今は1時間かけても美味しいお店に足を運ぶ人が多いようで、レストランも味と雰囲気・・・とコストパフォーマンスで勝負!
まぁ、バブルのように綺麗な店であれば入るという時代は終わったのは健全なことか。

ザガットサーベイ 東京のレストラン〈2010〉

ということで、今年度版のミシュランも発売されたけど、お店には異論が唱えられないが、その内容とあの過大広告宣伝は鼻につく。もっと純粋に美味しいお店を知りたい、人を連れて行って喜ばれたいとなると、信頼できるクチコミが頼りとなる。
そういう意味でも、僕はザガット派。今までのお気に入りのお店が高得点をとっているし、納得のコメントばかり。
最近は走る時間を確保するために、美味しいものを食べにいく時間が減っているので、食事の機会はほんと大事にしたい。

【NEC得選街】全国どこでも送料無料!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IZAKAYA VIN

渋谷で大人(オヤジ)が落ち着いて、しっかりしたワインを飲める店は数えるほど。
その1店が、このIZAKAYA VIN。
井の頭線渋谷駅の下、ちょっと脇という場所にあり、周りは焼鳥屋の煙がもくもく立ち込めている。。。
1階はカウンター、2階、3階はテーブル席で、急な階段を一生懸命上がります。
料理は比較的多彩な1品料理。
イタリアンを中心としたメニューで、味も外さず、まさにIZAKAYAの乗り。

ワインは、グラスワインを比較的豊富に揃えているので、その中から選ぶも良し、ボトルも適正価格なので、店員に相談して1本いただくのも良し。
グランヴァンもあるし、オススメの掘り出し物もあるようなので、ワイン選びに精が出ます。

唯一の難点は分煙もされていない店内・・・そもそも狭いので、ちょっと気になるな・・・
まぁ、場所の利便性を考えれば、それも仕方ないと諦めて気軽に足を運べるお店です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボジョレーヌーボー2008

今年は明後日20日が解禁日・・・といっても、毎年20日になった瞬間(19日深夜)にいただいているボジョレーヌーボー。
美味しいとは一度も思ったことがないけど、イベントだからね。。。一杯だけいただきます。
あとは、同時期に出されるマコンビラージュとか、まぁ、普通にボルドーのワインを開けます。

今年はその祭りも冷めてきたようですが、この景気に冷え込みからしても家で飲む方が多いのでしょう。
レアもののボジョレーヌーボーは、すでにお店やマニアがおさえていますので、
ちょっとだけいただくなら、コンビニで十分ではないかと思ってます。
今年の傾向予測はここに出ているので、興味がある方や何を買おうか悩んでいる方はぜひ。
「大手コンビニにおける昨年度のボジョレーの味マップと今年の傾向を予想!」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鮨 小野

恵比寿にある「鮨 小野」に行きました。
少し隠れた場所にあり、人間ナビを自称する小生も通りすぎてしまいました・・・

カウンターの雰囲気、距離が良い感じ。個室もあり、一寸入ったけど、やはりカウンターでしょう。
お寿司はお任せ(12K)でお願いしましたが、とても丁寧なお仕事。
その手際や包丁さばきに見入っています。
これで美味しくないはずはなく、笑顔がこぼれる自分がいましたです。
穴子の骨せんべいは酒のつまみにぴったりだったし、車エビ、大トロと王道メニューも外しません。
飲み物はいろいろあるけど、白ワインボトルでいただきました。
全般的にお酒はリーズナブルな価格設定。

ということで、二人で総額4万というのは、CP悪くないと思う。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ラ・マティエール

神楽坂の坂の上、一軒家のレストランが多くある地域にこの店はあります。
古い家屋を改造したと思われる造りの黒い扉を開けると、とても明るい店内。入り口脇のテーブルに並べられたワインとグラスを眺めながら、きちんとした応対で席に案内される。
20席ほどのキャパ、白壁で明るい店内、スマートな応対、そしてとてもリーズナブルに思えるプリフィックス・メニューに期待感は膨らむ。
前菜と主菜の一品ずつのコースは、4500円。前菜と肉、魚の3皿を楽しむコースは6000円。
野菜が豊富で、肉がジューシーでそしてボリュームがあって・・・久々にうれしくなる幸せになれる料理に出会いました。
ここの池田シェフはすごいという噂でしたが、ほんとに実力派です。しかもイケメン。
予約が1ヶ月先にしか入らない理由がわかります。

後日ランチにもお邪魔しましたが、ディナー同様に完璧なサービスとお料理。
前菜と主菜で2500円。デザートとコーヒーも付いてます。
当然ランチも混んでいますので、予約をした方がいいでしょう。
ただ・・・ランチは、ちょっと注意事項。大音量のおばの大群が発生していました。
どうしてあの人たちは、人の話を遮って自分の話だけしたがるのだろう。。。と冷静に観察してしまいました(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

脱?メタボ

4月1日からメタボ検診なるものが実施されるようですが、通っているフィットネスクラブのボディチェック機が刷新され、メタボ診断ができるように。
で、勇気を振り絞って、チェキラ!

診断結果は、セーフ!
内臓脂肪量や面積など、おどろおどろしい項目があったけど、いずれも問題なし。
ちなみに筋肉量が増えて、体脂肪率は13%。
体幹が弱いので、まだ鍛える部所満載ではありますが、40歳の身体としては、相当良いですと計ってもらったスタッフに言われました。
いつもお腹周りはなかなかお肉が取れないので、ちょっと心配していたので、なんだかうれしくて・・・お祝いと称し、ジム帰りに1人ワインを飲みに行き祝杯(笑)

てな話を、僕の26歳のパーソナルトレーナーに話したら、
「あったり前です!そんなの最低ライン!」と怒られて、シュンとした40歳でした。

で、最近こんなものを買いました。
ピラティスサークル!これを両足のくるぶし辺りで挟んで、腹筋。効きます!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

清山

渋谷の奥、渋谷スタジオを過ぎた裏道にある蕎麦屋。
蕎麦懐石もあるし、外観、雰囲気から、少し隠れ家的大人が集まる蕎麦屋だ。
1階は簡素なテーブルだが、地下に降りていくと、コの字型をした重厚なカウンター席と小上がりが配置されている。

前菜から始まり、旬の食材を配した料理がふんだんに楽しめる。
また蕎麦屋定番のそばがきやだし巻きなどは美味。
当然締めは蕎麦。田舎蕎麦とせいろの二種類を楽しみ、水あずきへの流れはなかなかおつなもの。
お酒は日本酒と焼酎中心。
蕎麦屋は、蕎麦焼酎のそば湯割りと決めつけているので、あまりメニューは眺めていないが、種類は豊富のようだ。

地下はどうしても声が反響するし喫煙可なので好みは分かれるか。
1階は禁煙で落ち着いているが、地下への通り道になっているので、出入りする客が気になる・・・地下は携帯電波弱し。

渋谷に存在する数少ない大人のお店。使い勝手は悪くありません。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

青山ワインホール

表参道駅から数分、青山通りを少し入ったところにある少し大人のワイン居酒屋。
出されるメニューにはグラスワインとして提供できるものだけが書いてあるが、
それ以外はお店の壁面にずらっと並んだワインの数々から選べる。
国別に並んで、ワインごとに値札がついているので、ワインショップのよう。
グラスを軽く頂いて、さぁワインリストをというタイミングで、すっと席を立ち、壁に並んでいるワインを物色。気に入ったワインをお店のスタッフに言うと、抜栓してテイスティングをしてくれていただくこととなる。
ワインお値段はお手軽価格。カリフォルニア、イタリア系が多いかな。

料理はイタリアン系のおつまみが充実。
でも、オープンキッチンできちんと料理してくれるので安心して食せる。

スタッフも明るく、気軽にワインを楽しめるお店。しかも表参道という場所がうれしい。

ただ、壁に並んだワインをお客が自分の手にとってグルグル・・・いやいやワインという性質上それは御法度だと思うが、あの店の作りではある程度仕方ないか。
まぁ、グランヴァンがあるわけではないし、雰囲気的にも許容でしょう。
1人5000円~7000円くらいが予算かな。

 


| | Comments (6) | TrackBack (0)

Bois Vert(ボワ ヴェール)

不快でした。
良いワイン、美味しい料理を出すにも関わらず、ここまで不快にさせるサービスを行うスタッフがいる店は珍しい。
まず席への案内が、居酒屋的に「はい、こっち!」
で、ドリンクのオーダー時は、体重を後ろにかけて、「なんか飲むわけ?おまえら」という態度・・・
店の混雑加減からして、スタッフが少ないのも原因か、「すみません」と声をかけても、「待って」のオンパレード。
で、常連にはニコニコ良い笑顔。
お偉いさんに連れられて行ったので、ちょっとびっくりでした。

ここまでくると正当に評価というのは難しいけど、現代青森料理という魚を中心にしたイタリアン&フレンチは美味でした。
ワインリストは覗いていないのでわかりません・・・そんな気分になれなかった。
ちなみに満席でした。他の人の評価を見ても、混んでいるそうですので、サービスを期待しない店なのでしょう。
座席は簡素で、非常に狭いです。

とここまで書いたので、2度目はありません。
すでにこの話を10人くらいに話してしまった。

場所は虎ノ門。通りから少し入った地下にあります。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

la feve(ラ・フェーヴ)

東麻布、狸穴近くにある隠れ家ワインバー。
落ち着いた大人の雰囲気で、ゆったりワインを楽しませてくれる貴重なお店。
カウンター4席、あとはテーブルが5~6卓に、ソファでゆったりできる個室。
テーブル間も広いし、音の吸収も良いのか、リラックスして、とにかくシートに根が生えてしまう・・・

ワインは、若めのヴィンテージから、飲み頃のヴィンテージまで幅広く取りそろえているので、密かにワイン好きが多く集まっているようだ。
グラスワインも日によって立派なものが出てくる。多分に、オーナーとソムリエの趣味だな。

2軒目利用が多いけど、料理もワインバーとしては充実しているので、1軒目でも利用可能。イタリアン中心のメニューだけど、いろいろ相談に乗ってくれるところもうれしい。

そうそう、奥に6名まで入れる個室は、
優雅にワインを楽しめますが、個室需要が高いので要確認。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)