Budweiserか、Millerか、Coorsか

img1008585409.jpg
ハワイにいるとビールを水代わりに飲む。ミネラル・ウォーターより安いし、体調が悪い日でもビールの缶を開ける。部屋のラナイで、プールサイドで「プシュ!」。そうこうしているうちに、コンドミニアムの冷蔵庫に並んだ缶は、あっという間に姿を消す。

毎回スーパーで買い占めるのは、Miller Genuine Draft。ハワイの気候では、もちろんBudweiserも美味しいのだが、芋臭さが気になる。しかもきちんと喉ごしで味を感じる方が好きだ。で、今年はSafeWayで安売りをしていたのでCoorsを買い込んだ。Millerよりも美味しい。多少くせがあるが、それもいい。次回もCoorsに決めた。日本メーカーのビールもメキシカンビールも売っているが、やはり気候にあった米国産ビールが一番美味しい。ただ、それぞれにLightヴァージョンが出ているが、これはやはりお勧めできない。日本人は美味しいビールを日本で飲み慣れているし、日本でLightが姿を消したことを考えると、Budweiserレベル以下の薄さはさすがに不必要なのだろう。

レストランで頼むビールも気をつけた方がいい。瓶や缶でなく、生を頼むと、泡なしで出してくる店というかウェイターをよく見かける。確かに量はたくさん入っているのだが・・・地ビールを提供しているお店(SamChoy's BLCなど)でもあんまり泡は見ないなぁ・・・飲み方の文化の違いか?!

そうそうハワイのスーパーやABCマートでは、必ずと言っていいほど、缶のトップに6缶パックのソフトケースが付いている。部屋に戻れば冷蔵庫にあるけど、今1本だけ欲しい!と思ったとき、あのケースからはずすのって面倒。でも飲みたい欲求が勝つから、他の缶に当てながら「ガシャ!」と取り出す。もうさすがにレジでIDをだせ、とは言われなくなったから手間はない。。。
ん?!ハワイでもオヤジと認識された訳か・・・ありゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好物アボガド・バーガー(KUA'AINA)

日本でもすでに有名なクアアイナ。でも、日本はピザーラ系が経営しているからか、おいしくない。
やはりハワイで食べる方が、あの気候と意外なほど合っていて、美味しい。これは、Budweiserが日本ではあんなにまずいのに、アメリカで飲むと「うまい!」というのと同じ現象だ。

で、そのクアアイナ、ワイキキの近くにも5年くらい前にできて便利になったのだが、大好きなアボガド・バーガーはいつも売り切れ。それとお値段も多少ノースのハレイワにある本店より高い気がする。今回はハレイワにしか行かなかったので、正確な比較はできないけど。
で、やはりクアアイナはハレイワのテラス(ただの入り口?)で口をいっぱいいっぱいに大きく開けて食らいつきたい!手や口の周りがどうなろうと、そんなことを気にしちゃいけない。で、とてもスリムなポテトを、またこれも口いっぱいに入れて、愉しむ。
ちなみに、肉の大きさを選べるのだが、当然1/2がいい。マックじゃないのだから、1/3じゃ食べた気がしない。肉の焼き方は人それぞれだから、それは注文時に。あと・・・必ず名前を聞かれて、オーダーができあがると呼ばれるのだが、難しい日本名は店員がかわいそうだった。ニックネームでいいんだから、ね(笑)。それと、ファーストフードとはいえ、チップはレジ近くの瓶?に入れるべきだと思う。。。日本の小銭を集めた募金とは違って、必需だと思う。

ちなみにWebサイトはなぜか日本の店の情報しかない。とはいえ、少しはハワイ気分を味わえるように工夫は凝らしているので、お暇なときにでも、どうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ハワイで英語は必要ない?!

オアフ島にいて英語を話す機会は・・・ありますよね。けっこう。
ハワイは日本語が通じる!とかいうのは、日本からのツアーでの旅行と土産物やブランド品の購入の時。
レストランは日本語メニューがあるところが多いけど、注文は英語だったりする。
我が家の両親もハワイ好きだが、英語が話せないので、ほとんどツアーに頼りっきり。
レストランの手配から何から、ホテルの日本語コンシェルジュにも登場いただいてお願いしているようだ(笑)
彼らは思い通りのハワイ時間を過ごせているのだろうか?!
僕たちが紹介するレストランには、あまり足を伸ばさないのも、英語を話したくないことが理由だと(^^;うむぅ。。。

ワイキキにはカード会社のラウンジがある。JCBやUCはDFSギャレリアの隣なので、夕方などは混雑してる。
あれだけの人がカードをなくすわけではないと思うので、ツアーの手配や情報を収集に来ているのでしょう、日本語で。やはり、ハワイで、存分にハワイ生活を楽しむには、ワイキキ滞在だけでも英語は必要です。
ましてや、他島やワイキキ以外のオアフでは、必須。だまされることも少なからずあるようだしね。

そういう僕は・・・たいした英語力もないんだけど、要所を押さえて。。。要領よくやってます。
こら、なべちゃん、笑うな(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

円換算レート、どのカードが有利か?!

8月末にハワイで利用したクレジットカードの請求が来たので、久々に更新。
ちなみに、昨晩飲んだメンバーは、半分が現金払い派。このブログを読んでくれているんだけど、なぜそんなにマイルが貯まるのか、ずるいと言っていたが、そんなこと言われても困ります。。。こちらは、何しろ$5でもカードだし、日本のスーパーだってカード払い、と徹底しているのに、彼らは「にこにこ」現金払い主義を豪語しているのだから、仕方ない話。しかし、なぜ現金は「にこにこ」なんだろう・・・カードは「こわごわ?」

今年は、アメックスが海外利用分のポイントを倍にするキャンペーンをやっていたので、僕はアメックスに集中。妻はJAL/JCB。少し不透明なクレジットカードの円換算レートを、この二枚の実際の請求額で比較してみよう。

両カードとも公表では、センターで利用データが処理された日の独自のレートを利用となっている。アメリカでは電子化が進んでいるので、即日処理されていると考えていい。
で、JCBは、明細書上に請求ごと、日付ごとの換算レートを明記してくれているから、とてもわかり易い。
アメックスは、換算レートが出ているものの、同じ日なのにレートが違う。
そう、アメックスは請求ごとに換算レートが微妙に変化する仕組みのようだ。
昔、カードの本で読んだ記憶では、
アメックスは、利用額×TTM×1%=日本円  
JCBは、利用額×(独自レート・・・TTM+1円?)=日本円 となっていたはず。

では、実際にアメックスの請求をベースにして、どちらのカードを利用した方がお得か検証してみる。

8月25日 $333.33(LVの財布)
アメックスからの請求額は、37413円
同じ日のJCBレートで計算すると、JCBで支払っていたら、37267円

8月27日 $11.67(スタバだ(笑)
アメックスからの請求額は、1313円
同じ日のJCBレートで計算すると、JCBで買っていたら、1304円

ただ、これはあくまでも処理された日だから、アメックスがアメリカで処理しているタイミングとJCBが日本で処理するタイミングにずれが生じるので、一概に言い切ることはできない。
ただ・・・今回の明細書を見比べると、全てJCBが安い。アメックスのポイント倍キャンペーンがなければ、JCBを使う方が明らかに有利だった。
まぁ、総額からみれば、たいした金額の差はないし、このキャンペーンのおかげで、すでにハワイ二名分の特典航空券がもらえるポイント数を獲得したので文句を言うつもりもない。しかも、この二種類のカードは、VとかMよりも良心的であることは、過去に実体験で実証済みであることも、付け加えておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイに銀行口座を持つ

BOH(Bank of Hawaii)に口座を開いた。とりあえず、普通口座(Regular Saving)。
なんでか?!うーむ、明確な理由は見つからない・・・まぁ、作ってみたかったんでしょ(笑)そうそう、マッサージのおばさんが言ってました。「あなたたち、こんなコンドミニアム買うくらいなら、ハワイで預金しなさい!利率も良いし、将来のためよ。」その利率だが、普通口座でも0.35%、定期の3年もので2.40%だ。
というわけで、口座開設顛末記。

ワイキキ支店は、DFSギャレリアの横。1階で、口座を開きたい、日本に在住だというと、2階の日本人の担当女性を紹介してくれた。家族分の席を用意してくれ彼女のデスクを囲んで着席。そして、どの口座にするか問われる。作ってみたかったレベルだから、当然普通口座を選ぶ。彼女からも「そうね、まずは普通で、そのうち定期ね」と。必要な書類は、パスポート。それに最低$100を入金すればいいのだが、口座開設後、預金額が$300ないと、手数料が月額で発生してしまうので、$300をもっていくべきだ。で、いろいろ書類に記入。その間子供達にはキャンディーが与えられて、美味しそうに食べてた。。。数分後、口座管理ノート(Account Register)を渡され、「日本みたいに通帳はないんですよ、自分で入出金を記入してくださいね」と言われ、終了。
晴れて、ハワイに銀行口座ができた!単純に移住した気分(笑)

ただ、$100しか持って行かなかった僕は、後日の日本から送金をして$300をクリアしなければならなかった。これが問題。。。受けるBOH側は、関係ないのだが、日本からの送金は高い。東京三菱BKに確認すると、なんだかんだで、1回に付き、7千円くらいかかる。これはあきらかに無駄だ。ということで、他の方法を探すと、ありました。サインをしたTCを担当者に郵送すればいいそうだ。これなら、郵便代だけだ。。。早速、外貨預金をTCに換金し、国際書留で送付。あとは、担当者にメールで通知。最初英語でメールを書いたけど、日本語でOKだった(笑)

後日、ネットバンキングの暗証番号とATM用のカードが到着。またハワイに移住した気分が高まった!でも、インターネットで口座を何度見直しても、なにやら寂しい。。。どんどんドルを貯めて送金するか今度ハワイに行く人に入金してもらうしかないな。そして、早く定期預金にしよう!将来移住するときの貯蓄だ。

なお、BOHの口座開設やネットバンキングを詳しく記した本があった。興味のある方はどうぞ。
4492731849.09.LZZZZZZZ.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HGVCの収支

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブのタイムシェアとは、1年間を52週に分けて1週間単位で所有権を共同購入するシステム。 購入価格は部屋の広さや間取りによって違うので、一概に言えないが、2LDKで300万円くらいかな。

で、購入しているメンバーがラグーンタワーの滞在時に払うものは、
1.宿泊に対する宿泊税。これって、税のかかる額って何の基準ですかね?!
  いずれにしろ、今回は1泊$3.36、7泊で、$23.52。
2.駐車場代(SELF)が、$12/泊。
3.電話代、インターネット接続代として、1回$1。
今回の7泊の宿泊では、約$100払いました。(ほとんど駐車場代だ)
これに、年間の維持費として、約10万円(昨年は$850くらい?!)を年末くらいに別途支払い。

今回宿泊した部屋は、通常料金(部屋のドアに書いてある価格)が1泊$1100。
オーシャン・ビューが$1250、オーシャン・フロントが$1500。
まぁ、そんな値段で泊まることはないだろうけど、ピーク時に部屋が空いていないので宿泊は不可能と考えると、妥当なのか?!ちなみに、ハワイの歩き方にあるカリアタワーの体験宿泊は、通常の半額以下で泊まれるようだ。

で、メンバーはそのカリアタワーも、1泊$100くらいで泊まれる特典も付いていることを考えると、
購入時に支払った約300万円は何年?後かに元が取れるという計算になる。
他のホテルに泊まればもっと安い、という話もあるだろうが、快適さが段違い。それに子供が成長したら、ホテルだと2部屋用意しないといけないし大変だ。
となるとやはり、一応不動産を所有したわけだし、予約さえちゃんと確保しているなら、とても安い買い物だったのでしょう、ハワイ・フリーカーには。

ん?!今は円高じゃん!カリアタワーも魅力だなぁ・・・なんて、いけないいけない。
しかも、この日記・・・ヒルトンの宣伝みたいになってきた(笑)今度、ダンに教えないと!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

成田駐車場事情

今年利用した成田の駐車場は、いろいろHPを探して決めた「ジョーイ」
ここのホームページには珍しくBBSが付いていて、評判が良さそうだったの決めました。
で、結果はというと、
料金は11日間で6千円。それ以外一切払っていません。
出発時は予定より早く到着したものの、高速途中で連絡をとりあった通り、空港に係の人が先に着いて待っていてくれて、荷物の上げ下ろしを積極的に手伝ってくれたので◎。
夜と言うこともあって、車の傷チェックがなかったな・・・ただ、こちらは新車で無傷なのであまり気にならなかったけど。。。
帰りは、税関手続きが終わって、電話連絡をして10分くらいで到着。でも、電話の後にトイレ行ったり移動したりしたので待ち時間はほとんど感じなかった。
期待していた洗車だけど・・・とにかくひどい大雨(笑)。洗車どころじゃない天候だったので、経験できず。
でも、雨の中、お兄さんは傘を差しながら「僕が荷物を運びます!」
もちろん少しこちらも手伝いながら引き渡し完了。
座席に着くと、お茶2本(ウーロン茶と緑茶)とお菓子の詰め合わせがドリンクホルダーに置いてありました!
これは、気持ちがいい。BBSの書き込み通り、なかなかいいサービスをする駐車場です。

ちなみに昨年使ったオレンジ・パーキング
こちらも特に悪いところはなかったし、とにかく安かった。
荷物の上げ下ろしは近くで見てるだけだったし、さすがに飲み物のサービスはなかったけど。

いずれにしろ、往復ともに空港受け渡しを体感してしまうと、乗り合いバスは以ての外、係の人が乗り込んで空港まで送迎してくれるサービスもちょっと物足りない気がしてしまう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

コンドミニアムの食卓

コンドミニアム滞在では、部屋で食事を取ることが多い。ラグーン・タワーのキッチンは充実しているし、普段着の生活空間にはもってこいだ。
朝食はミルクとコーヒー、パンとフルーツを備えておけば十分。パンはスーパーや最近増えた日本のパン屋が支えてくれる。お昼もヒルトン内のプールなどで遊んでいれば、おにぎりやすし(すし太郎)が作れる。夜も面倒であれば、テイクアウトを購入したりピザをオーブンで焼いたり。。。そういえば、アストンにはバーベキューグリルがプールサイドにあったが、ヒルトンにはないな。。。残念。

夜、着替えてレストランに行きたくないときは、テイクアウトを活用。
我が家の御用達は、アラモアナ・ショッピングセンターの1階フードコートだ。
子供達も疲れていると「パパ、買ってきて!」。
まぁ、久々の自分一人の時間にもなるので「はいっ!よろこんで!」。
変わらずTシャツ・短パンにサンダルで、ヒルトン村を抜け、ぐりっと左折。イリカイの表玄関を左手に、ヨットハーバー、橋を渡るとアラモアナだ。景色をみながらのんびり歩いて15〜20分くらい。

おかずと主食を考えながら、一周し、まずは「横綱」で子供用の「すし」系を調達。
あとは、中華(パンダ・エクスプレス)、ケイジャン料理、チキン(ラハイナ・チキン)、韓国料理(ヤミーKoreanBBQ)が定番。1種類の主食系とたくさんの料理からおかずになりそうなものが3種類選べるプレートはどこも$5〜6。最後のレジでは、必ず飲み物を勧められるけど、それを体よく断りながら、ケチャップや胡椒など、部屋に不足しているものを補給。家族4人、おすし系のお米もあるので、だいたい2つのプレート十分。あとは、ちょっとデザートを物色して、終了。
帰り道は、たいがい荷物を抱えて歩くのが億劫になる・・・車で来ればよかった・・・

ようやく帰り着けば、ひな鳥たちが口を開けて待っているので、料理を皿に移し替え、冷蔵庫から飲み物を出してラナイに出る。夕焼けを見ながら愉しい夕食となる。。。歩いてきたから、ビールが旨い!
片づけも食器洗い機があるから、超楽チン。

と、なにやら声がする「また、何か余計なもの買ってきたでしょ!アップルストアとか行って!だから、遅かったんだ!」
唯一の自由時間だもん・・・ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャンセル待ちの怪・・・回答

出発数日前に希望の便が、しかもマイルによる特典航空券で、300人待ちをクリアして全て希望通り取れたことを書いたが、帰国当日の空港でその謎が解けた。
ホノルル空港のDeparture Boardを見上げると、我々の乗る71便の一つ上に、JL8089 NARITAの文字。
71便の20分前発の臨時便を飛ばしたわけだ。
夏休み最後の土曜日、夏休みを全てハワイで過ごした人も一週間滞在した人も、3泊だった人も、日本に帰る絶好の日だから、当然混むわけだ。。。
直前までインターネットで検索したりやJALに直接電話して、キャンセル待ちが出なかった際の次善策を相談していたときには、この便のことは一切出てこなかった。
なのに。。。なぁんだ、そうかぁ!という気持ちとこれいつ決まって、どういうお客が乗るの?という疑問が交錯していたが、71便にあまり団体客がいないのことに気づき、ちょっと納得。

まぁ、こちらは希望通りになったし、文句を言う必要もないけど、もっと早く決まってればなぁ。。。帰国したい人が多い状況は同じなんだし、と思ったわけです。
ちなみに、成田に着いたら20分前に到着した便と我々の乗った便の荷物ゲートが一緒で、まだ前の便の荷物も出ていない状況。だから、ベルトの周りは二重三重の人。。。カートはなくなってるし、えらい騒ぎでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フルーツは何を食べる?!

ハワイはフルーツの宝庫!というけれど、実際に何を食すか?!
スーパーに出向いて購入するもの。食事の時に出てくるもの。。。ちょっと振り返ってみる。

パイナップル:ハワイで食べるパイナップルは甘い!スーパーで買って、おやつみたいにバクバク食べてしまいます。そういえば、オアフのマクドナルドは、セットを頼むと生パイナップル・カットのパックが付いてくる。
マンゴー:いわゆるアップルマンゴーか?!美味しいのにあたると、南国に来た気分を盛り上げてくれる果物の一つだけど、今回は硬かった、二つとも。柔らかいものを見つけるコツを知りたい。
パパイヤ:美味しい。やっぱりハワイ。マッサージのおばさんがお腹にいいといってました!
グレープフルーツ:身がプリプリしていて、とてもジューシー。でもカリフォルニア産だから日本と同じはずなんだけど。
オレンジ:グループフルーツ同様、ジューシーで甘い。なぜだろう。。。
桜桃:意外と今回のヒット。甘さとすっぱさのバランスがよく、子供達にも大人気。
ネクタリン:これは日本で買うのとほぼ同じ。
メロン:ハネデュー・メロンや外側がけっこうグロテスクなメロンがスーパーには大量に転がってる。日本よりお買い得。それゆえか、レストランの果物の定番。
ブドウ:これは意外といい値段がついてる。でも、マスカット系も種なしの大きいのも揃ってる。繊細な味はしない。
スイカ:スーパーにもあるし、ビュッフェ系のレストランではよく見る。元々嫌いなので口にしたことはないが、子供の反応を見る限りでは、メロンの方がよさそうだ。
バナナ:甘いバナナと固いバナナの両極端が売ってる。アップルバナナというものを買って食べたけど、固いし味が複雑すぎて美味しくなかった。
ココナッツの実:ノースを走ってると露店がいくつか出ていて、その場でストローを挿していただくことができる。
リンゴ:ちょっと小振りだが、身が引き締まった種類。酸が強くなくて、甘い。
イチゴ:身は大きめ、ちょっと濃い色のものが多いが、味は大味・・・同じベリー系を買うなら、これを選ぶ必要はない。
トマト?!:今回買ったフルーツトマトは、味が薄かった。トマトはやはり日本の方が美味しい。

他にもなんかあったかな?!
スーパーで買うときは、量り売りが多いけど、全体的に日本より安い。
で、ついつい買いすぎて、1食全て果物みたいな食事が・・・まぁ、気分的にとても幸せなんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧