January 23, 2007

修羅場をくぐった広報マン

406213781x01_aa240_sclzzzzzzz_v36226590_机上だけの 広報論が多い中、「修羅場をくぐった広報マン」は広報担当者の生の声を数多拾い、ストーリーを作り上げている。
読んでいて面白い本は、数ある広報の本の中で珍しい。

本に出てくるベテラン広報の方の社内での葛藤が手に取るようにわかるし、それぞれの方の格言は、現場を知っているだけに非常に重みのあるものばかり。また、PR代理店レベルの広報と企業内で奮闘する広報マンの違いを訴えかけているようにも取れる。
ということで、私は、お題のように修羅場をくぐってきた担当者の声に、とても共感を覚えたが、新任担当者や売り込みだけをやっている広報の方には、ちょっと違った感じで受け止めるだろう。
広報を正面から理解している人にはお薦め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2007

山見式PR法~メディアが取り上げたくなる5つの切り口

479811125201山見式PR法~メディアが取り上げたくなる5つの切り口」は、筆者がリリースをばらまくだけの広報に警鐘を鳴らした本。近年、リリースさえ書いて、メディアに送りつければ、記事が出る、売上が上がるというナンセンスな話をする流れがあったが、それは大きな勘違い。本来の広報は地道な営業である、人のビジネスであると言うことがここに記されている。
大企業で新聞に記事が良く出ている会社の広報担当者は、この本に出ていることはやっているし、やっていないと務まらない。山見式というより、ある意味標準だと思う。
文章のトーンは確かに山見さんらしいので、山見式か。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 18, 2007

マスコミが思わず取り上げたくなるプレスリリースのつくり方・使い方

マスコミが思わず取り上げたくなるプレスリリースのつくり方・使い方」は、元産経新聞記者で、現在PR会社を運営する蓮薫氏の著書。 リリース例が80近くも掲載されている書籍は初めて・・・全くリリースを知らない人にはいいのかもしれないが、リリースはいろいろな状況を加味し、一つの題材をどう切ってリリースを創り上げるかが勝負。模倣しても意味はないし、もちろんリリースだけでは知名度を上げることもできないということも理解した上読んで頂きたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2006

PR手帳 2007年度版

毎年11月に発行されるPR手帳。
広報担当者必携です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2006

広報の基本経済3誌

毎週必ず読破する。これが基本3誌。経済トレンドが手に取るようにわかります。

「日経ビジネス」
1934

「週刊ダイヤモンド」
5771

「週刊東洋経済」
5828

| | Comments (0) | TrackBack (0)

広報として必読の経済雑誌

文字通り、下記3誌は、企業広報担当として読んでおきたい雑誌。
理由は明快。一流メディアの記者が書いたアルバイト原稿が掲載される雑誌だから。自分の新聞では書けない話題、書いたけどデスクが取り上げてくれない情報が満載だ。これらの雑誌の記事を読んで、取材をしてくる記者もいる。

「選択」
1281679590_1

「ベルダ」
1281681633

「FACTA」元選択の編集長阿部氏が創刊した
1281681653

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2006

プロフェッショナル広報戦略

4777102998
元NTT広報担当者で現在自民党議員として「コミュニケーション戦略チーム」を率いる世耕氏が、去年の自民党圧勝選挙の裏側を記している本だが、ところどころに広報の神髄が見え隠れしていて面白い。社長との距離やプロジェクト・マネジメントとしての取り組み、そして、早朝からの全国紙読破とクリッピング(広報の基本だ)。これ、手が汚れるんだよね・・・でも、新聞の読み方を覚え、他社分析に長けてくるので、広報担当者(特に新任の方)は必修項目です。
ということで、プロフェッショナル広報戦略は、30分で一気に読めちゃう自民党圧勝の広報サクセスストーリーに仕上がってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2006

「朝日」ともあろうものが

4198618844「朝日」ともあろうものが。が出版されたからではないと思うが、最近の築地から出てくる新聞には訂正文が多い。長野支局の事件やNHKとの論争・・・800万部という影響力を誇る朝日新聞もいろいろ大変。社内は問題山積み。この本からもメディアがどんなものかわかるので、広報担当者にとっては面白い。メディアの皆さんとお話しするときのネタとしても一度よんでおくと言い。高給取りの朝日が嫌いなマスコミ人は多いので。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 29, 2006

日経新聞の黒い霧

4062128551

日経新聞の黒い霧は、元経済部エース記者による日経新聞の内幕を暴いた本だが、広報的には記者のもののとらえ方や考え方、組織の現状がわかるとても有意義な内容となっている。広報の仕事の好敵手といえる日経新聞を知れば、多少は組みやすくなるのではないかな。記者への恐怖心やメディアとの付き合い方に悩んでいる方にはお薦め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2006

2006年度版広報・マスコミハンドブック PR手帳

広報・マスコミハンドブック PR手帳〈2006〉が発売されています。毎年買う必要があるかどうかはわかりませんが、どうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)